禿げないためには必ずやっておきたい5つの対策

禿げないためにはどうすればいい?

将来禿げるか禿げないかは、まだ髪や毛根がしっかりとあるうちからの対策によって大きく変わります。
数年後も禿げないためには今のうちから何をしておけば良いのか、以下に禿げないためには必ずやっておきたい対策法をご案内していきます。


禿げないためには早期からの育毛剤対策を


禿げないための対策としては基本とも言える育毛剤ですが、ここ数年で育毛剤のレベルは大きく底上げされました。
気休め程度しか効果の無かった昔の育毛剤と比べて、最新の育毛剤には高い禿げ防止効果が期待できるようになりました。
禿げないためには育毛剤はできるだけ早いうちから使うに越したことはありません。

最新の育毛剤成分の中で、禿げ防止効果が非常に高いと注目を集めているのはM-034とオウゴンエキスです。
M-034は髪の毛の毛母細胞を活性化させ、衰退し始めている髪の成長を促進させる効果があります。

またオウゴンエキスは禿げないためには必ず欲しい成分で、男性の禿げの最も大きな要因とも言える脱毛ホルモンの生成を防ぐ働きをします。
体内にある男性ホルモンの一種であるテストステロンは、頭頂部やおでこ周辺に集まる酵素(5αリダクターゼ)と結合して、脱毛を促す脱毛ホルモンへと変化します。

この脱毛ホルモンが生成されないように、酵素(5αリダクターゼ)を抑制する働きがあるのがオウゴンエキスです。
禿げないためにはオウゴンエキスとM-034が配合された育毛剤は必須だと言えます。

オウゴンエキスとM-034を配合する育毛剤で皮膚科学会からも推奨されている育毛剤には、イクオスとチャップアップがあります。
禿げ防止効果においてイクオスとチャップアップには優劣がほとんどありませんから、価格の安いイクオスから試してみるといいでしょう。

イクオス公式サイトはこちら


チャップアップ公式サイトはこちら




禿げないためには食生活の改善を


病気の予防や体づくりに食生活が重要であるように、禿げないためにはそのための食事をすることが非常に大切です。
毎日インスタントラーメンやファーストフードばかり食べていては、禿げないどころか薄毛を助長させることになります。
高カロリー・高脂肪食は血行不良や毛穴の詰まりを招き、禿げてくる原因となります。

禿げないためにはバランスのとれた規則正しい食事を意識すること、そして禿げないために必要とされる栄養素を積極的に摂取することが大切です。
それでは禿げないためにはどのような栄養素が必要となるのか、以下にまとめてみました。

  • タンパク質…髪の毛の原料であり、髪の成長には必要不可欠です。
  • 亜鉛…タンパク質を髪の毛に作り変える働きをします。
  • ビタミンB2…頭皮の皮脂の過剰分泌を抑えます。
  • ビタミンE…頭皮の毛細血管の血行を促進させます。
  • イソフラボン…禿げないために効果的な女性ホルモンに似た働きをします。

禿げないためには日頃から意識して、上記の栄養素を含むような食事を摂るようにしましょう。
上記の栄養素をバランスよく豊富に含んでいて、禿げないために食べるべき食材は以下になります。

牡蠣、納豆、はまぐり、青魚、豆腐、卵黄、レバー、ゴマ、マグロ

タンパク質・亜鉛・ビタミンB2・ビタミンE・イソフラボンの中でも、禿げないためには亜鉛が1番重要になります。
食事だけでは補えないようであれば、サプリメントに頼ることも禿げないためには良い方法です。



禿げないための睡眠


禿げないためには、規則正しい生活習慣を身につけることが非常に重要になります。
生活習慣の中で禿げないための対策として最も効果的なのは、質の高い睡眠を取ることです。
禿げないための質の高い睡眠を取るためには、大きく分けて二つのポイントがあります。


禿げないためにはゴールデンタイムを挟め!


髪の毛の成長を促して禿げないようにするためには、体内の成長ホルモンを活発化させることが効果的です。
体内の成長ホルモンは睡眠中に最も活発に分泌されますが、特に分泌が活発になるのが夜の10時から2時にかけてです。

その時間にぐっすり眠ると成長ホルモンの分泌を促進することになるので、禿げないためには効果的な睡眠になります。
夜の2時から8時間寝るよりも、10時から6時間眠る方が禿げないためには価値のある睡眠だといえます。

遅くまで仕事をしている男性には少し難しいかもしれませんが、禿げないためには10時から2時の間にできるだけ多く睡眠を取るようにしましょう。


リラックス効果の高い睡眠を


禿げないためには質の高い睡眠が必要になりますが、質の高い睡眠とはすなわちリラックスして熟睡することです。
熟睡できるかどうかは日中の活動や体質によるところが大きいですが、禿げないために家でできる対策と言うと、音楽とアロマのリラックス効果を活用することです。

布団に入る前に副交感神経を優位にしてくれるようなヒーリング系ミュージックをかけて、アロマオイルやキャンドルを焚いてリラックスしましょう。
身体を睡眠モードにしてから布団に入ることで、ぐっすりと深い睡眠を得ることができて、それが禿げないための睡眠へとつながります。

また寝る直前や布団の中でのスマホいじりはやめましょう。
スマホから発せられるブルーライトを浴びることで、体は反対に目覚めようとします。
禿げないためには眠いと感じる状況をつくってから布団に入ることが大切です。



禿げないためには週末スポーツを


週に一度だけでも良いので、スポーツなどで汗を流すことは禿げないためには効果的です。
スポーツなどで体を動かすことは、禿げないためにどのような効果があるのかまとめてみました。


血行促進効果
スポーツなどをして体を動かすと、体中の細胞が酸素を必要として息が上がります。
息が上がると酸素の運搬効率を高めるために、血管が拡張して血行を促進します。

血行が良くなると頭皮の毛母細胞への栄養素の運搬もスムーズになりますから、禿げないためには血行を促進させることが非常に大切です。


ストレス解消
禿げないためにはストレスを溜めすぎないように、上手に解消してあげることが大切です。
ストレス解消法として代表的なものと言えば、趣味に高じること、そして運動をすることです。
禿げないためには仲間と一緒にできるスポーツを趣味してみるのも良いでしょう。


疲労感による熟睡
日中体を適度に動かすことで、ほどよい疲労感を感じることができます。
禿げないためには質の高い睡眠を取ることが大切ですが、ほどよい疲労感は熟睡効果を高めてくれます。



禿げないためにはまず禁煙


禿げないための生活習慣には色々ありますが、喫煙者の方であれば禿げないためにまず何よりも禁煙することをお勧めします。
タバコを吸う男性よりも吸わない男性の方が、将来禿げない確率が高いことが研究データとして出ています。

喫煙は血管を収縮させて血流を阻害します。また煙草に含まれる様々な有害物質を分解するためにたくさんの栄養が使われます。
喫煙をすることで毛母細胞へ栄養素が行き届きにくくなり、結果として禿げやすい体質を生むことになります。
禿げないためにはまず禁煙、難しいようであれば本数を減らすことからでも始めてみましょう。



まとめ

以上の5つが禿げないためには必ずやっておきたい対策になります。
簡単なことばかりのようで、案外継続するのは難しいものです。
まずはできるだけ早いうちから育毛剤で禿げ対策をして、少しづつ禿げない生活習慣へと切り替える努力をしてみましょう。

おすすめ育毛剤の詳細はこちら